世界遺産 壁紙ホーム >イタリア の世界遺産 > チンクエ・テッレ

チンクエ・テッレの旅行体験記・ツアー・無料壁紙


オススメ度:star.gifstar.gifstar.gifstar.gifstar.gif


チンクエ・テッレはイタリアの秘境と呼ぶに相応しい村です。


チンク・エテッレ ‐ ヴェルナッツァ

世界遺産の壁紙ダウンロード①(無料)


チンクエ・テッレ(Cinque Terre)はイタリア北西部の海岸線に位置します。
→地図はこちら


地中海に臨んで切り立った断崖絶壁の上に、カラフルな家々が集まっています。地中海と山に囲まれたチンクエ・テッレは秘境と呼ぶに相応しい雰囲気を持ち合わせています。


この村と段々畑が、人間の営みが作り上げたたぐいまれな景観として評価され、チンクエ・テッレは1997年に世界遺産に登録されました。


「チンクエ」とはイタリア語で「5」、「テッレ」とは「土地」を意味します。この「5つの土地」という名前の通り、チンクエ・テッレとは海岸沿いに点在する5つ村の総称です。


西から順に「モンテロッソ」、「ヴェルナッツァ」、「コルニリア」、「マナローラ」、「リオマッジョーレ」の5つの村が海岸に沿って一列に点在しています。


チンクエ・テッレ内の村と村との移動は、電車を利用するか山道を歩くことになります。(詳しくはページ下の「アクセス」をご参照ください。)


村に入るとパステルカラーの家々が所狭しと建てられており、家と家の間の小さな小道に入ると、まるで迷路に迷い込んだかのようです。


村の人々はマイペースにのんびりとした暮らしをしており、村全体でアットホームな空気があります。

チンクエ・テッレ ‐ モンテロッソ

世界遺産の壁紙ダウンロード②(無料)


チンクエ・テッレの内部交通
徒歩


隣村どうしをつなぐ山道があります。かなり細い道や険しい道もあるで、雨の日などは要注です。


村から村への所要時間は1時間程度ですが、マナローラとリオマッジョーレを結ぶ愛の小道は30分弱の道のりです。


一番オススメなのはモンテロッソからヴェルナッツァまでの道。ヴェルナッツァの絶景が見えた時は感動します。また海岸線が非常に美しい。
他の村を繋ぐ道も大体同じなので時間のない人は省略してもいいかも。


マナローラからリオマッジョーレまでの愛の小道は有料ですが舗装されていて歩きやすいです。ただ観光地化されすぎているため秘境っぽさを味わいたい人にはあまりオススメしません。 


また雨の多い季節は封鎖されている道もあるので、最初に入った町で確認した方が無難です。ちなみに筆者が行った時はコルニリア‐マナローラ間の道が土砂崩れのため封鎖されていました。


幅30センチくらいの足場で山側から猫が現れた時は、びっくりして崖から落ちそうになりました。飛び出し猫には要注意です(笑)


電車
1時間に一本はきます。電車によっては停まらない駅もあるので注意しましょう。料金は安いです。


タクシー
チンクエ・テッレでは車の乗り入れが禁止されているため、タクシーは利用できないと考えた方が良いです。


外部からのチンクエ・テッレへのアクセス
ジェノヴァから
ジェノヴァからローカル電車「ジェノヴァ‐ラスペツィア線」で1時間程度でチンクエ・テッレの西端の町モンテロッソに着きます。


ピサから
ピサからラスペツィアまで電車で30分程度。そこからローカル電車「ジェノヴァ‐ラスペツィア線」で30分程度でチンクエ・テッレの東端の町リオマッジョーレに着きます。

(※所要時間はうろ覚えです…。)


チンクエ・テッレの宿泊
個人の家の一室を貸し出すプライベートルームがたくさんあります。駅のおじさんとかに聞くと迷惑そうにしながらも教えてくれます。


チンクエ・テッレの名産
地元のレモンから作られるリモンチーノ。まっ黄色のレモンの香りが強烈なお酒。アルコールドスも30度くらいあり、これを飲んで山道を歩くと危ないです。
ワインも非常に有名です。


チンクエ・テッレのレジャー
ダイビングの人気スポットだそうです。


     

当サイトは、旅行で撮影した世界遺産を無料 壁紙にして配布しています。

ヨーロッパの世界遺産の無料 壁紙が中心ですが、今後も様々な世界遺産を旅行して、世界遺産の無料 壁紙を皆さんにご提供していく予定です。

また、自然世界遺産の無料 壁紙の種類を今後重点的に増やしていきます!

※世界遺産には自然世界遺産と文化世界遺産、複合世界遺産があり、これら全ての無料 壁紙を拡充予定です!

※無料 壁紙を提供している都合上、広告を掲載しております。壁紙そのものは無料なので是非ご使用のPCでお使いください!